反緊縮ニートの徒然草(^^)

反緊縮ニートの徒然草

楽しく生きるを目標に生きています。楽しく生きるための考え・方法を徒然なるままに書いていきたいです。

N国の立花孝志氏を見てきて思うこと。N国党はセカイ系か?<差別化や単純接触効果について>


はじめに

昨日、NHKから国民を守る党の街宣を見に行きました。


立花孝志代表の演説を聞いてきて思ったこと綴っていきます。

私はNHKの受信料制度などに特別な想いがあるわけではありません。

私は反緊縮ニートです。反緊縮を主張している人を応援しています。

 

ですが、マーケティング差別化をどうするのかという観点から、
面白いことを言っていると思ったので、そういうことを中心に書いていこうと思います。

 

 目次

 

 

f:id:sho39cha:20190717214859j:plain

話が簡単。セカイ系みたいな話はとっつきやすい。

まず、ワンイシューで演説がわかりやすいです。


ただ、「NHKをぶっ壊す」ことが目的だからです。

 

熱烈に、何年もの間、そのことだけを訴え続けいます。


そのせいか、NHKを壊すと、日本が良くなるのかと思ってしまいそうになります。

セカイ系みたいな発想。そう思いました。


セカイ系はわかりやすいんですよ。
主人公とヒロインたちの人間関係で、世界が改変してしまうんですから。


例えば、エヴァンゲリオン涼宮ハルヒのようなアニメがセカイ系です。

世界を変えようと思えば、中間組織(行政、国家、地域など)
での調整や衝突などをしなければなりません。


ですが、セカイ系は中間組織やややこいし過程なんて描きません。

」と「」だけで完結しているのです。

 

NHK撃退シール配布、対応は他に誰もやらない。差別化が成立している。

f:id:sho39cha:20190717214306j:plain

NHK撃退シールを配布して、NHKのことで何か困ったことがあった時に、対応をずっとしています。


口だけではなく、実際に、庶民をNHKの集金人から守っている実績もあるので、地方選挙で議席を確保してきたのではないでしょうか。


有権者は政治家が実際に何をしてくれるかを冷静に見ています。


そしてNHKの受信料や集金人の問題を対処してくれる公的なところはありません。消費者庁総務省NHKも対応してくれません。

 

誰もやらないことをやっている。

 

差別化が成立しており、重要なことだと思います。

人選が面白い.横山緑やnerが議員になるなんて!


立川市議のくぼた学議員は、ニコニコ生放送で有名な生主です。

生主名は横山緑です。

結構波乱な人生を送ってきていて、それをニコニコ生放送の配信のネタにしてきたので、クリーンなイメージはありません。

私は、うつで手持ち無沙汰な時に、ニコニコ生放送を見ていましたので、横山緑が選挙に出るってなった時に、面白いことやる政党だなと思いました。

f:id:sho39cha:20190717214230j:plain



youtubeによる単純接触効果はやっぱり強い


立花孝志氏は、youtubeに毎日、動画をアップロードし続けています。
編集はしていないので、長いのです。


ですが、毎日動画を上げてくれるので、活動の実態が少し垣間見れるのが面白いです。


また、毎日見ていると、単純接触効果が発生します。
嫌いな人でも毎日接すると、良い感情が芽生えることってないでしょうか。


毎日、顔と声を動画で配信しつづけると、単純接触効果が生まれるので、
よく考えているなと思います。
実際に、youtubeで時々チェックしていた私の場合でも、
本人を実際に見ると、プレミア感が発生していました。


演説後の話。様式美、形式美が出来上がっていた

演説後、立花孝志氏は

記念撮影、サイン、握手、ご希望の方、あちらの方で受け付けますので~
とかなり慣れた感じで言っていました。

写真撮影を遠くから見ていました。

写真撮影用のスタッフがおり、希望者のスマホを受け取り、
横撮影縦撮影2回写真を撮っていました。

また、NHKをぶっ壊す」というフレーズと腕の動きがセットになっており、傍から見ていて、楽しそうに感じました。

フレーズと腕を一緒に動かすのが<体験>を提供しているように見えました。


実際にやっている方もたくさんいて、楽しそうでした。


興味を持ってもらうためには、エンターティナーになるのが得


ワンイシューでわかりやすく、楽しく、体験を提供する。

エンターテインメントとして、成り立つための必要最低限の要素が備わっていました。

人は楽しそうなものに興味を持つので、

NHKから国民を守る党の政策の是非はさておき、

マーケティングの仕方は見習うべきものが多いと思いました。